REITへ|不動産投資の活用で自らの将来を安定したより良いものに

不動産会社を選んで最適な査定をしてもらおう

需要の向上と人気の変遷

人気の物件の変遷について

賃貸住宅には、人気の物件の傾向としていくつかのことがあり、変化してきている。 まずは、セキュリティ面への重視傾向がある。一昔前までは、セキュリティ面への配慮への重要性はそれほど高くなかった。しかし最近では、オートロックが付いた物件や監視カメラが設置されているなど賃貸住宅へのセキュリティ対策が選ぶ際の重要な要素となっており、その有無で入居状況が変わる時代になっている。 また、耐震強度への配慮も重要な要素となってきている。賃貸物件においても、耐震性が重要視されるようになってきているなど、生活空間への安全性への意識が高まってきている。 これらのように、以前に比べ賃貸物件に対しても様々な面で見る視点が変わってきている。

賃貸と今後の需要動向について

住む場所を得る手段としては、一戸建て住宅やマンションの購入と賃貸物件への入居がある。これらのうち、賃貸物件への入居については今後も需要は大きく変わらないことが見込まれる。 その傾向としてあるのが、都心部など利便性が高い場所への集中が見込まれる。都市部へ仕事などが集中している現在においては、住む場所についても近い方が良いという意識が高まっている。その為、賃貸物件においても、これらの利便性の良い場所への物件への人気が高まる傾向があり、今後も続くと考えられる。 また、独身世帯などの増加により、ワンルームなど比較的、部屋数の少ない物件も人気が集中する傾向がある。これらについても、晩婚化や高齢化などの影響により、今後も続くと見込まれる。